10月は4月の次に忙しい

標準

“今の仕事に就いて4年半の月日が経ちました。
さすがに自分の仕事の年間パターンがはっきりと分かるようになり、何月頃が暇で、何月頃が忙しいのか、予測がつくので予定を立てやすくなりました。
このパターンを基本に、仕事の流れをあてはめて考え、急な仕事が入るとそれを上乗せして予定を立てる。

でもそこは仕事。
今までやった事のない新しい試みや、滅多にない出張など、自分で勉強したり調べたり、初めて会う人を相手に出張先で話をしたりと、なかなか予定通りとはいかない仕事も多い。
だからいつも先を見て仕事をしていないと、毎月やらなければいけない仕事がやれなくなってしまう。

事務員は私一人しかいないので、誰も手伝ってはくれません。
毎年、4月は変革の時期。
会社はお給料のベースアップの時期。

ここ数年、期待していて結局ベースアップなし。
決算を翌月に控え、資料集めと集計に忙しい。
そして子供の学校も年度が変わる時。

何かと学校行事に呼び出され、上司の顔色を伺いながら行事に出席。
一年で一番忙しい時。
次が来月、10月。

運動会やら学芸会やら、学校の行事に顔を出す。
ただ、土日が多いので助かります。
そして仕事。

税務調査やら出張を伴う労務費調査やら、なぜかお役所仕事は10月に集中してやってくる。
そしてそれはいつも突然。
怖い。

だから10月は嫌い~。
12月は3番目に忙しいのです。
師走とは言うけれど。

確かに忙しいのですが…仕事の方だけ。
だから4月や10月よりましなのかな。
この月はとにかく年末調整!一年頑張った皆さんに、少しでも源泉税を戻してあげたい。”

とても役立てられるような方法を見つけられる

標準

“薬にはいろいろとありますが脱毛サロンには医療のプロがいるわけではありませんから、脱毛が可能かと言った判断は責任が負えないような理由があるのです。
そしてそれほど重大な症状でもなくて、大丈夫といった自己判断では脱毛処理を受けてしまうことはやめておきましょう。
そして大きなトラブルになることもあります。

また、甲状腺に異常があって、それに対して薬を服用しているようならば注意が必要となります。
また日本内科学会によれば成人の健康診断の結果で甲状腺機能に異常値を示す方はなんと女性では24.7%もいます。
そして、甲状腺に症状があるときはホルモン系の薬が処方されるのですが、ホルモンに作用する薬は体内のホルモンバランスを崩して毛周期がくるってきたり、ムダ毛が濃くなってきたりすることがあるのです。

そうなれば脱毛期間にまんべんなく毛穴に処理を施すといったことができなくなったり、ダメージを与えた毛根の再生が促進されたり、ムダ毛が増えてきたり、脱毛効果を損なわれる可能性もあるのです。
また、気温が上がれが薄着になることが多くなって肌の露出が増ええてきてムダ毛や産毛も気になってくるでしょう。
脱毛はエチケットとして多くの女性が処理をしています。”